PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

全ての記事を見る

TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
ARCHIVE
RSS FeedWind
Twitter
FC2拍手RANKING
RECOMMEND

海外の反応に代表される日本や日本文化に対する外国人の反応、あとは逆パターンで異文化と日本人の出会いなんかを見るのが好きだから、この中国嫁日記はRSSを登録してかかさず見てる。月さんかわいいね。

2016年、アクセスが多かった記事

また、恒例の年間アクセスランキングを忘れていた。
全体的にアクセス減ってる。
ま、最近は広告避けの1ヶ月更新が多いから仕方ないか。


1位(PV数:3656)
【海外の反応動画】2002日韓ワールドカップ-スペイン人が語るあの日の思い出
5年連続の1位。


2位(PV数:2209)
秘密のケンミンSHOWで紹介された青森について
昨年5位からランクアップ。


3位(PV数:1660)
胸郭出口症候群を改善するストレッチ・筋肉トレーニング
昨年と同じく3位。

皆さん蝕まれてる。


4位(PV数:1213)
どうしてこうなった!青森県津軽と南部の話
昨年6位からランクアップ。


5位(PV数:973)
ワールドカップと親日・反日 - きっとトルコが好きになる!
例年どおり。


6位(PV数:870)
日本一美味しい餃子の店よりおいしい餃子の店
昨年の9位からランクアップ。

みんな餃子大好き。


7位(PV数:793)
亀(クサガメ)の飼育環境・陸地と水場のバランス
昨年と同順位。


8位(PV数:421)
最強のパンメーカー「工藤パン」が、いまひとつ垢抜けない理由
東京在住の月イチ青森旅ブロガーのねこぜさんがツイートしたからアクセス増えた。
KUDOPAN2.jpg


9位(PV数:688)
日本人サッカー選手はエジルを手本にしよう
昨年8位からランクダウン。


10位(PV数:687)
宇佐美貴史が使われない理由 - ロンドン五輪サッカー日本代表
宇佐美貴史を諦めない。


関連記事:
2015年、アクセスが多かった記事
2014年、アクセスが多かった記事
2013年、アクセスが多かった記事
2012年、アクセスの多かった記事
2011年、アクセス数の多かった記事と検索キーワード
2010年、訪問数の多かった検索キーワード
ブログ村

THEME:ブログ | GENRE:ブログ | TAGS:

ハリルホジッチジャパン始動

20150402hoji2.jpg

チュニジアとウズベキスタン戦を見た感想としては、攻守の切り替えが速くなり、縦への意識が高くなったと思う。今までのボールポゼッションを高めて、ちんたら攻めるスタイルに慣れてしまっていただけに新鮮に楽しめた。
ハイプレス&ショートカウンター主体の戦術はドルトムントに通ずるところがある。
ハリルホジッチは、自分のスタイル・信念を貫いてくれそうで、今のところワクワク感しかない。

新しい選手も増えて、監督が掲げる戦術に一生懸命取り組もうとしている姿勢が見えた。
全員ゼロからのスタートとなり、今後は監督のいう事をよく理解して遂行できる選手が重用されると思う。

王様はいない。
全員が監督の駒。


今までは俺も海外で活躍する選手を贔屓目に見てきたけど、中田英寿の時もそうだったように、一個人の力ではチームは変わらない。周りがそれに影響されすぎるのも困る。
やはり監督の考えをベースとして、それに適応できる選手の中で競争力を高めて強い代表を作り上げてほしい。

過去の記事にも書いたけど、ザッケローニは3-4-3を諦めた時点で負けだった。
できない選手、やろうとしない選手は外すくらいの意識が必要だった。
最終的には一部選手のやりたいサッカーに賭け、本番ともいえるワールドカップで良いところなく散ってしまった。

良く言えば調和を重んじ、悪く言えば自分の信念がブレてしまった。
ま、それでうまくいく可能性も否定できなかったし、これは結果論だけどね。
人間性はとてもいい監督だっただけに結果を残して勇退してほしかったな。

あと、この2戦で俺が注目したのは、久しぶりに代表招集された宇佐美貴史。

関連記事:宇佐美貴史が使われない理由

意識改革しているようなインタビュー記事をいくつか見ていたので期待していた。
良いところも悪いところもあったけど、全体的には成長していると思う。
ただし、まだアジアレベルの格下や後半相手が疲れてきてから活躍する雑魚キラーの域を抜け出せていないように思う。現状だと後半のジョーカーに最適かな。

昔は岡崎が格下相手に2点取ったり、3-0で勝ってる時に4点目を決めるような雑魚専のイメージがあったけど、徐々に徐々に成長して今は代表にもクラブチームにも欠かせない選手になった。
宇佐美に対しては、いつも厳しい事ばかり書いてるけど、まだ若いからもっともっと意識を改革して世界で通用する選手になってほしい。
これほどのサッカーセンスとテクニックを持ち合わせた選手は国内では他にいない。
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

2013年、アクセスが多かった記事

1年を締めくくる恒例のアクセスランキング。

1位(PV数:28474)
【海外の反応動画】2002日韓ワールドカップ-スペイン人が語るあの日の思い出
去年に引き続き断トツの1位。
韓国の悪事に興味を持つ人が多いんだね。
again1966

2位(PV数:4572)
金玉メダリスト内柴正人、法廷内でフェラチオ連呼
去年と同じ2位。
やはり卑猥な単語は検索されやすいのかな。

3位(PV数:3170)
ワールドカップと親日・反日 - きっとトルコが好きになる!
これも去年と同じ3位。
1位の日韓ワールドカップの記事にあるリンクからアクセスされてる。
いかにリンクが重要かわかる。

4位(PV数:2465)
秘密のケンミンSHOWで紹介された青森について
去年の5位から1ランクアップ。
みのもんたの息子の件で番組が終わるらしいから来年はどうかなぁ。

5位(PV数:1098)
どうしてこうなった!青森県津軽と南部の話
結構前の記事だけど初ランクイン?
どこかで話題になって検索されてるのかなぁ。
青森カテゴリの記事は、青森に興味がある人がアクセスする可能性が高く、記事もはしごされやすい。

6位(PV数:1093)
デモ行進中にも拘らず、震災直後の日本に黙祷を捧げるクロアチアの人々
これも初ランクインかな。
これも1位の記事や海外カテゴリの記事から満遍なくはしごされてる感じ。
検索等で直接このページに来てるわけじゃないから面白いよね。
広告とかと一緒で人気のあるページにリンクがあるとアクセスが稼げるという典型的な例。

7位(PV数:1059)
宇佐美貴史が使われない理由 - ロンドン五輪サッカー日本代表
偶然にも去年と同じ順位。
日本に帰ってきてJ2で活躍したから注目度は高い。
今後も本人の活躍度とアクセス数が比例しそう。

8位(PV数:820)
その募金ちょっと待った!?アグネス・チャンと黒柳徹子の違い?
去年の4位からランクダウン。
震災などで募金の話題が増える度に一定のアクセスがありそう。

9位(PV数:788)
バゴォーン?なにそれ?カップ焼きそば?知らない。
圏外から初登場。
なぜだろう。バゴーンブームでもあるのかな。

10位(PV数:644)
広島原爆と福島原発事故 - 放射性物質の放出量の比較
去年の8位からランクダウン。
福島原発の問題が収束するまではそれなりにアクセスされそう。
ブログ村

THEME:雑記 | GENRE:ブログ | TAGS:

宇佐美貴史を使ってほしかった理由 - ロンドン五輪サッカー日本代表

日本-韓国 後半、相手をかわしドリブルで攻め込む宇佐美

vs 韓国代表 3位決定戦の話

1点先制した韓国がブロックを形成し守りに入ると、
日本は攻め手を欠いて無駄なパス回しが増えた。
前にパスを出すと取られるため、横パスやバックパスばかり。

こういう展開で必要なのは個人技で打開できる選手。
ドリブル突破してもいいし、敵を引きつけてパスを散らしてもいい。
ミドルシュート打ってもいいし、突っ込んでファールをもらってもいい。
無駄にパスを回させられて、時間を使わされるよりよっぽどいい。

オリンピックを通して、初めて宇佐美貴史が必要だと感じた場面だった。
しかし、監督の選択は、山村、杉本、そして最後に宇佐美。
宇佐美の投入が遅すぎた。

俺お得意の結果論でケチをつけるなら、
ここまで調子がいまひとつの酒井宏樹に変えて、
泥臭いプレーができる酒井高徳をスタメンに。
あと、鈴木大輔を山村和也でもよかったかも知れない。

そして、1-0とリードされた後半開始から、
研究されて完全に封じられていた永井に代えて宇佐美を投入し、大津のワントップ。
それでも打開できないようなら、トップ下に宇佐美を移動し、東に代えサイドに斎藤学。
最後にパワープレイをするのなら高さのある杉本健勇。

こんな感じかなと。

スペイン撃破に始まる快進撃も、微妙な成績でここまで勝ち上がってきた
同じアジアの韓国に負けた事によって、一気に価値が下がってしまったのが残念でならない。

ちなみにベスト4進出チームの戦績はこちら
ブラジル 4勝  12得点 5失点
メキシコ 3勝1分 7得点 2失点
日本   3勝1分 5得点 0失点
韓国   1勝3分 3得点 2失点

宇佐美が最後に見せたガッツだけが救いかな。
この経験をバネに一皮むけてほしい。

関連記事:宇佐美貴史が使われない理由 - ロンドン五輪サッカー日本代表
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

宇佐美貴史が使われない理由 - ロンドン五輪サッカー日本代表

昨日は、ねぶた運行の手伝いがあって、
エジプト戦はダイジェストでしか見れなかったけど、
その少しの映像でも宇佐美のプレイはひどかった。

「ボールをここに出せ」と指差し指示。
まぁそれは他の選手もよくやるし問題ないんだけど、
そこにこなかったからといって、悔しがるジェスチャーをし、
ふてくされてプレイを切る姿を見て、これはもうダメだと思った。

他の選手は次の策を考えてまだ動いてるのに、
ペナルティーエリアの中でそんな事をしてる。
そこでプレイを切らず、すぐに次の対応をすれば、
まだチャンスに繋がる可能性は十分にある場面だった。

技術はあるし、いいイメージを持ってるのは確かだけど、
自分のイメージどおりの展開にならなかった時に
お互いにサポートしあわなければ、信頼関係は生まれない。
すぐえへる(津軽弁でいじける)とか、メンタルが幼稚すぎて見てられない。

「チーム内で孤立している感じがする」とある選手が言ってたらしい。

コート内でも外でも、チームの輪(和)の外にいる。
ここまで何度か途中出場したけど、それが出てしまってる。
あせりもあるだろうし、天才ゆえのプライドが邪魔してるんだろね。
一丸となって戦わなければならない短期決戦の代表戦にプライドはいらない。
必要なのはがむしゃらさ。

走らなくても素晴らしい選手はたくさんいる(いた)。
以前記事にしたロナウドもそう。
全体の走行距離は少なくても、チャンスには物凄く走って決める。
あれくらいの実力・実績・決定力があれば、誰も文句は言わない。
チームメイトはロナウドを信頼し、ロナウドを生かすプレイをする。
今大会だと、清武なんかはずっと永井の動きを見てて、永井の特徴を生かそうとしてる。
ボール持った時のパス出し先の最優先候補だよね。
でも、宇佐美はまだその域に達してない。
そこまでの信頼を勝ち取れていない。

遠藤保仁あたりは、周りを走らせる選手だから、走行距離が少ないイメージだけど、
走行距離ランキングでは結構上位にくる事が多い。
ボールをワンタッチやツータッチで捌くから、
テレビなんかだとあまり走ってないように見えるけど、
ボールが無い所、いわゆるオフ・ザ・ボールの場面では結構動いてる。
全力ダッシュはあまり無いけど、効率的に動いてる。
ボールを持ちすぎず、相手に体を当てられる前にパスを出すから、
フィジカルはあまりいらない。
現に遠藤の腹はスポーツ選手とは思えないほどプヨプヨらしい。

今の選手は腹筋が6つに割れてるような選手ばかりだから、
それに比べると、宇佐美もプヨプヨまではいかないけど見劣りする。
ストイックに体を鍛え、苦しい場面でも自己犠牲もいとわず、
渾身的に動く他のメンバーと温度差が生まれるのは偶然ではない。
ベテラン遠藤とは違うのだよ。

宇佐美貴史 腹筋
清武弘嗣 腹筋
吉田麻也 腹筋
長谷部誠 腹筋
本田圭佑 腹筋
香川真司 腹筋
川島永嗣 腹筋
長友佑都 腹筋
中澤佑二 腹筋
柳沢敦 腹筋
三浦知良 腹筋
宮本恒靖 腹筋
中田英寿 腹筋



この代表は、国際舞台であまり活躍してないから、
隙間世代とか谷間世代って呼ばれてたけど、
ここにきて、前線の選手も渾身的に守備をして、走りに走りまくり、
それを見て「よし、俺も頑張らないと」と、チーム全体が鼓舞され、
文字通りチーム一丸となって戦って、いい成績を残してる。
これはオーバーエイジで入ったキャプテンの吉田の影響もあるかも知れない。
宇佐美がチームで浮く存在になるのは必然だよね。

昨日はいいプレイも何度かあったけど、あの姿勢では永遠に代表にはいらない。

関連記事:宇佐美貴史を使ってほしかった理由
テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人


動画を見つけたので追記。
問題を感じたシーンは2:54あたりから

「俺の前にパスを出せ」と指差し指示
  ↓
パスを出してもらえずふてくされ、ボールから目を離す
  ↓
宇佐美の近くにクロスボールが入ってくる
  ↓
ふてくされ中なので動けず
  ↓
ディフェンダーのクリアボールが宇佐美の近くにきてまだチャンス
  ↓
必死さが足りないから、すぐに反応できず、ボールウォッチャーに
  ↓
代わりに酒井がシュート

削除された時のための予備動画(14:42あたりから)



2015年3月28日追記:
監督がハリルホジッチに代わり、宇佐美も久しぶりの代表招集。
途中出場ながらハードワークする姿勢を見せ、成長したなと思ってたら・・・。
これ↓
【GIF】チュニジア戦、香川の絶妙パスから宇佐美のシュートが素晴らしい : 海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

シュートまでの流れはたしかに素晴らしい。誰が見ても100点つけると思う。
ただ、やはり必死さが足りない。
シュートの後詰めてたらゴールできたかも知れない。
たとえゴールできなかったとしても評価が上がる。

彼はサッカー脳が優れてるから、頭の中で最適なプレイがイメージできてる。
このシーンもこの角度で裏抜けしゴール前に侵入し、こういうパスが来たらこういう風に決める!というのがはっきりイメージできてたと思う。
ただし、そこで終わる。
イメージ通りプレイして自分のシナリオが完結したら、あとは傍観者(ボールウォッチャー)。
相手のレベルが高ければシナリオが途中で終わる事が多くなるから海外ではあまり通用しない。
嗅覚でプレイする岡崎なんかとは正反対だよね。
だいぶ意識は変わってきてるけど、もう一皮むけてほしい。

関連記事:ハリルホジッチジャパン始動

ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

人気記事TOP10

SEARCHINA

PICK UP
NEW ENTRY
E-MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

MANAGEMENT