PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

全ての記事を見る

TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
ARCHIVE
RSS FeedWind
Twitter
FC2拍手RANKING

金玉メダリスト内柴正人、法廷内でフェラチオ連呼

内柴正人、平井理央にセクハラ1

内柴正人、平井理央にセクハラ2

内柴正人、やっちゃいました

ハメたつもりがハメられた。

これが真実だろね。
当初から教え子複数と関係があったって報道されてたから、そんな気はしてた。

内柴は教え子のFさんに好意を寄せられていた。
(もしくは既に不倫関係にあった)
合宿中の飲み会でAさんに迫られ、カラオケ店でキスやフェラチオをされた。
気分が良くなった内柴は、酔ったAさんの介抱を装い、背負ってホテルへ。
そして、部屋でAさんと性行為に及ぶ。
二人の行動を怪しんだFさんもホテルに戻り、Aさんの部屋をノック。
Aさんが対応し、内柴は隠れて難を逃れる。
その後、性行為を続けるが、またFさんがドアをノックしてくる。
また、Aさんが対応し、内柴はいない事を伝え、Fさんは部屋に戻る。
ここで内柴に心境の変化があり、Fさんの部屋に行く。
そして、Fさんと性行為。
その後、Aさんは強姦されたと訴える。

自分との性行為を切り上げて、すぐに他の女と性行為。
Aさんにとっては、女としてFさんに負けたようなもの。
それが悔しくて訴えた。

Aさんが「どうします?はめますか?」などと電話していたという証言もあるから、
内柴自身の事や内柴とFさんの関係をよく思っていない人が他に何人もいて、
飲み会自体から全て計画してハメた可能性もある。

内柴は、教え子を孕ませたという噂もあり、普段から素行が悪かったらしいからね。

自業自得。

この言葉が相応しい。

裁判の争点は合意の有無だけど、未成年の教え子に酒を飲ませたり、
妻子がいる身なのに複数と関係を持ってたという事で同情の余地は無い。

強姦大学
「メダリスト」スキャンダル事件簿

ブログ村

THEME:気になるニュース | GENRE:ニュース | TAGS:

アンジェラ・アキ コンサートツアー BLUE

昨日、アンジェラ・アキのコンサートに行ってきた。

それほど熱烈なファンとかでは無いんだけど良い曲書くし、以前「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で見たアンジェラのライブのものまねが面白かったから、一度は観たかったんだよね。

んで、実際に観た感想としては

歌も演奏もクオリティが高い。
ピアノだけじゃなく、ギターやドラムまで演奏してた。
岩手→秋田→青森と3日連続にもかかわらず全力でやってくれた事に感謝したい。
地方だとモチベーションが低かったり、手を抜くアーティストも多いんだよね。
ライブ観たおかげでファンじゃ無くなる事も多々ある。
今回はそんな心配は無かった。

コンサート自体の構成が良い。
英語の歌詞を使ったレッスン、ピアノバトル、曲中のMCなど、趣向を凝らした飽きさせない展開。
アルバム発売ツアーの場合、一般的にはアルバムの曲メインで、それ以外にヒット曲とかもやったりするよね。でも構成にこだわりすぎて、聴きたかった曲をやってくれなくて、もどかしい気持ちで帰る事もあったりする。
今回は「津軽海峡冬景色」もやってくれたし、観たかった曲もアンコールでやってくれたし、ツボを押さえてたから選曲に全く不満無し。観る側の事をよく考えてる。

あと、レッスンのコーナーで、曲のコードや歌詞に関するレクチャーがあったんだけど、シンガーソングライターとして曲や歌詞に対して熱心に研究してるのがわかってよかった。
音楽の事は詳しくないけど、才能だけじゃないんだよね。
例えば、悲しく聞こえるコード進行とか和音とか、そういうパターンがあるらしいから、そういうデータをたくさん持ってたら曲は作れるらしい。
オレンジレンジなんかは既成の曲の繋ぎ合わせだし、小室哲哉やつんく♂なんかは、そういうデータをパソコンで組み合わせて作ってそうな気がする。
秋元康もヒットする歌詞の法則とか持ってそうだよね。
そういえば、この前ミュージックフェアーで見た玉置浩二は違ったな。
楽譜書けないから、いいメロディがひらめいたらカセットテープに吹き込むらしい。
いまだにカセットテープw
こういう人は才能だろうね。

っと、話を戻して、

喋り(MCトーク)が面白い。
イントロ途中でピアノを弾く手を止め「やっぱりこれも言わせて」と、またトークを始めたりと自由奔放。どこまでが台本でどこまでがアドリブなのかわからないけど楽しかった。
あと、コンサートでよくある「どこで拍手していいのか」「どこで立てばいいのか」「いつ座ればいいのか」みたいな空気も理解していて、「まぁ座ろうかw」とか言ってくれたり、くだけた雰囲気で居心地がよかった。
悪い意味じゃなくて、演出もセットも何も無くても、アンジェラとメンバーと楽器さえあれば、十分楽しめると思う。

本人達が楽しんでる。
これが一番重要なんだよね。それが客に伝染する。
本当に楽しんでたかもしれないし、そうではないかも知れない。
疲れもあるだろうし、実際はどうかわからない。
でも、そう思わせるって事は、エンターテイナーとして非常にプロフェッショナルだと思う。

M1グランプリのキングコングがいい例。
前年惜しいところまでいって、それをネタにして本人達も周りも「次は絶対取る(取れる)」みたいな空気になってたけど、本番では「笑いを取りたい」じゃなくて「賞を取りたい」という必死さが全面に出すぎてて笑えなかった。
結局9組中8位という結果。
自分たちが楽しまないと、自分たちが笑わないと、客は笑えないの典型。

その点、アンジェラは良かった。
自分達も楽しんで、お客さんも楽しませようとする姿勢が良かった。
年に数回はコンサートやライブに行くけど、珍しく眠くならなかったし、
今まで観たライブの中で一番良かったかもしれない。


内容は違うけど、ほんとにこんな感じだから困るw



上海万博の運営事務局はオレンジレンジを採用すべきだった

ブログ村

THEME:気になる芸能人 | GENRE:アイドル・芸能 | TAGS:

サッカー日本代表のフォワードは格闘技を始めるべき

スウェーデンvsイングランドの国際親善試合。
ズラタン・イブラヒモビッチが4発決めてスウェーデンが快勝。

4点目のオーバーヘッドによるスーパーゴール


イブラヒモビッチはテコンドーの使い手として知られ、アクロバティックなシュートが多い。
空手じゃなくてテコンドーというのがちょっと悔しい。

後ろ回し蹴りシュート




日本のフォワードは長い間決定力不足と言われてきた。
イブラヒモビッチの決定力を見ると、格闘技をトレーニングに取り入れたほうがいい気がする。

クロスからのヘディングシュートは、マイナス方向からの速いクロスなら強いヘディングができるけど、フワッと緩いクロスボールだと弱いヘディングしか打てなくて、よほどコースがよくないとキーパーに防がれる。
足を上げるプレイには注意が必要だけど、「そこはジャンピングボレーだろ!」という場面が少なくない。
ファーストチョイスがヘディングに固定されてるんだよね。
足を上げるキックが身に染み付いてないから咄嗟で出ない。

格闘技をトレーニングに取り入れるメリット
・浮き球に対するキックバリエーションの選択肢が増え、最適なシュートが打てる。
・反射神経が鍛えられ、ゴールエリア内で「触れば入る」というようなボールに対して反応がよくなる。
・ミートが上手くなり、インパクトの強いシュートが打てるようになる。
・体幹が鍛えられボディバランスが良くなり倒れにくくなる。
・闘争心と瞬間の判断力が養われる。

絶対効果あると思うな。

ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

つけ麺否定派って、ざる蕎麦を汁に全部投入して食うタイプの人じゃね?

1215163054330.jpg

つけ麺ブームがきた時、俺も最初はどちらかと言えば否定的だった。
まぁつけ麺自体というよりは、すぐ流行に飛びつく輩が嫌いなんで、静観してたという表現のほうが正しいかな。
ブーム以降、市内にもつけ麺が売りのラーメン店が増えたけど、だいぶ経ってから足を運んだ。
食わず嫌いはよくないし、否定するには肯定するよりもその事に対する知識が必要ってのが俺の持論。
そして、いくつか食べて「つけ麺も有りかな」という感想を持った。

日本には口内調味と言う文化がある。
明確な線引きが無いから日本独特というわけではないかな。
米が主食の国はそういう傾向にあるかもしれない。

口内調味とは、西洋にはあまり無い文化で、口の中で味や温度のバランスを取る味わい方。
wikipediaの「三角食べ」のページに少し説明があるけど、これも口内調味の一例かな。
「三角食べ」とは、例えば、おかず→ご飯→汁物という順番で、少しずつ食べていく事。
先におかずだけ食べてご飯が残ってしまう人は、三角食べ(口内調味)ができてない。
欧米人がカツ丼を食べた時、先にカツだけ食べて、次にご飯を食べる人が多いらしい。
最近は西洋文化の影響なのか、三角食べができない子供が増えてるとか。

「胃の中に入ってしまえば同じ」と言って、なんでも混ぜて食べちゃう人もいるよね。
栄養的にはそうかも知れないけど、口の中で感じる味や舌触りは違うし、温度によっても味の感じ方は変わる。

ざる蕎麦なんかはそれが推奨されてるよね。
美味しい蕎麦を全て汁にひたして食べるのはもったいない。
蕎麦本来の味を楽しむためには、汁をつけすぎない事が重要。
あと、これも欧米人は苦手だけど、ズルズルと空気を含みながら吸うことによって、
より多くの風味を感じる事ができる。
風味ってのは文字通り、風(空気)の事で、口を通して鼻から感じるもの。

寿司もそう。
ネタにもシャリにもべっちゃり醤油をつけて食べるのはナンセンス。
これも外国人に多いらしいけど、素材を楽しむためには最小限に抑えるべき。

まぁ、素材が悪い場合は別だよね。
そういう時は、調味料の味でごまかすしかないから仕方が無い。

前置きが長くなったけど、つけ麺も蕎麦と同じタイプ。
濃い汁に対して、自分で調整しながら麺をつけて食べる事ができる。
この汁を少し薄めて麺を投入して、普通の熱いラーメンにしてもいいけど、胃の中に入ってしまえば同じでも、味の感じ方は違うし、食感も違うから、つけ麺という食べ方もいい。

豚カツなんかも、ゆるめのソースを全面にかけてしまえば、衣のサクサク感が失われる。
カツ丼なんかはそうだね。あれはあれで美味しいけど、濃い目のソースを少しつけてサクサクを楽しみながら食べるのもいい。
ポン酢ジュレは個人的にNGだけどw
そういえば納豆のタレでもジュレタイプあるよね。あれも混ぜにくくて意味わからん。

っと、話を戻して。
蕎麦も暖かい蕎麦と冷たい蕎麦がある。
つけ麺否定派の人はそれも否定するのかな?

という具合に、つけ麺を否定するって事は、口内調味という日本の繊細な食文化を否定する事になる。
好き嫌いは当然あるけど、自分の好みではないからといって否定するのは間違ってる。
何でも否定する人や食わず嫌いが多い人にこういう意見をぶつけると、

「別に一生食べなくてもいいし~、何も損してないし~」 と開き直る。

たしかにそうかも知れないけど、何でも美味しく食べられる人に比べたら相対的に損してる。
何でも美味しく食べられる人は、食に関する幸せをより多く感じてる。

俺はどっちも美味しくいただく。
たとえどちらかが好みじゃなくても、どちらかに決める必要性も、どちらかを否定する理由もない。
クーピーだって、12色より24色セットのほうがいいだろ?
ブログ村

THEME:ラーメン | GENRE:グルメ | TAGS:

人気記事TOP10

SEARCHINA

PICK UP
NEW ENTRY
MANAGEMENT