PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

全ての記事を見る

TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
ARCHIVE
RSS FeedWind
Twitter
FC2拍手RANKING
RECOMMEND

海外の反応に代表される日本や日本文化に対する外国人の反応、あとは逆パターンで異文化と日本人の出会いなんかを見るのが好きだから、この中国嫁日記はRSSを登録してかかさず見てる。月さんかわいいね。

イタリア戦で見えたもの - コンフェデ杯2013

・日本代表のモチベーションの高さ
・イタリア代表の疲れ
・チーム同士の相性


これらの要因が重なり善戦する事ができた。
負けたのは監督の采配の差もあったように思う。
イタリアは疲れのせいで動きが悪い選手を早めに3人変えて運動量を補ってきた。
日本は、終盤に酒井宏樹・ハーフナー・憲剛という意図の読めない選手交代。
更に相手を疲れさせるために、運動量やスピードのある乾や、敵も味方も走らせるパスを出せる憲剛を、もう少し早めに出すか、もしくは良い流れを維持するために交代なしでも良かったように思う。

イタリア-メキシコの初戦を見た時に、意外とスペースがあり、ポゼッションも極端ではなく、交互に攻め合える印象を受けたから、ブラジル戦よりは試合になると予想していた。
それにプラスしてイタリア代表は疲労により体が重かったため、序盤から日本ペースで健闘する事ができた。

こういう試合ならこのメンバーこの戦術でいい。

ただし、チームにはそれぞれの特徴がある。
フィジカル重視でガツガツ当たってくるチーム、パス回しでポゼッションを高めて疲労させられるチーム、高さを生かすロングパスを多用してくるチーム、前線からハイプレスしてくるチーム、個人技でしかけてくる選手が多いチーム、これらの特徴を持つチームに対してどのように戦うのか。

それが見えてこない。

ワールドカップなどの短期戦では負けていい試合などない。
もし予選リーグで苦手なタイプの相手ばかりだったらどうするのか。

そう考えた時にやはり選手層が薄い。

いつも同じメンバーでは苦手なタイプの相手の場合、ブラジル戦のようになってしまう。
イタリア相手にはいつものメンバーでいいけれど、「こういう相手には誰々を起用する」というオプションが無い。
また、誰が出ても同じクオリティを維持しなければならない。
そのためには試合で使って意思疎通やコンビネーションを高める必要がある。
メンバーを固定するなら、どんなタイプのチームとやってもクオリティを保てるチームにしないといけない。

日本を変えたザックの言葉、長谷部「監督が熱く語ってくれた」

 明らかな変化があった。消極的なプレーに終始し、日本らしさを発揮することなく90分間を終えた15日のブラジル戦(0-3)から中3日。結果こそ3-4の惜敗でグループリーグ敗退も決まったが、試合内容ではイタリアを上回り、あと一歩のところまで追い詰める日本代表の姿があった。

 高い位置からの積極果敢なプレッシャー、鮮やかなボール回し、リスクを冒してゴールに迫る勇気。日本のサッカーが観る者を魅了し、観衆の心をつかんだ。試合後、スタジアムから起こったのは敗者を称える「日本コール」。マン・オブ・ザ・マッチにもMF香川真司が選ばれた。

 チームにいったい何が起きたのか。試合後のミックスゾーンでMF長谷部誠(ボルフスブルク)が詳細に明かしてくれた。ブラジル戦から2日後の17日。「監督が話したいと言ってきた」と、アルベルト・ザッケローニ監督に呼ばれ、矢野大輔通訳をまじえて“1対1”で話をした。

「監督は、僕たちなら世界のトップ相手にもできるのに『なぜ、やらないのか』と言っていた。監督が(ブラジル戦後に)『失望した』と言っていたのは僕たちに期待しているからで、それをヒシヒシと感じた」。指揮官が伝えたのは「チームとして戦うことの大切さ」、そして「個とチームのバランス」についてだった。

「監督はブラジルのどこが弱いかを分析して、それを練習に落とし込んでいたのに、僕らはそれをピッチ上で全然表現できなかった。個人個人でプレーしていくのか、それともチームとしてやっていくのか。メッシやネイマールのように、一人で3人抜いてゴールを決める効率よりも、組織として連動して崩すことによって世界で勝っていくという監督の確固たる信念があった」

 ザッケローニ監督が例に挙げたのが、2010年の南アフリカW杯で日本が見せたサッカーだった。MF阿部勇樹をアンカーに置いて中盤の守備を固め、1トップにはMF本田圭佑を据えた。自国開催以外で初のベスト16という快挙を成し遂げた一方、守備重視のサッカーは決勝トーナメント1回戦でパラグアイに0-0からのPK戦で敗れた時点で、一つの限界にも達した。

 世界で勝つために、当時のチームでは、あのサッカーが“正解”だった。しかし、日本が目指すべき道ではなかったのも確か。4年後のブラジルW杯では、日本らしいサッカーで、同じような、さらにはそれ以上の結果を残したい。本田はパラグアイ戦後、「内容はともかく勝ちにこだわって、そういうやり方でここまで来た。次は欲を出して、もっと攻めに行く姿勢を世界に見せる番じゃないかなと思っている」と言った。その思いは、岡田武史前監督のあとを引き継いだザッケローニ監督も同じだった。

「2010年のような戦い方をするのも一つの方法だと監督は言っていたけど、監督は『自分たちのサッカーを世界で見せたい、それで世界を驚かせたい、その中で勝ちたい』と言っていた。2010年を否定しているわけではなく、それも一つのやり方だけど、そうじゃない日本のやり方、強みがあると僕に熱く語ってくれた」

 指揮官の思いをチームメイトに伝えなければならない。長谷部はそう思い立ち、翌18日に選手を集めた。イタリア戦前日に行われた選手ミーティング。長谷部はみんなにザッケローニ監督の言葉、思いを伝え、チームの意志統一を図った。

 その結果が、この日のプレーに表れていた。「今日はチームとして連動していたし、守備の部分でも前の4人は特にがんばっていた。前田さん、(本田)圭佑がピルロを抑えようとしっかりとやっていた。そういうのがブラジル戦ではできなかった」。長谷部はそう言って力を込めた。

「監督がやろうとしているサッカーだったと思う」。イタリアと互角以上に渡り合い、あと一歩まで追い詰めた。確かに結果は出なかった。しかし、自分たちが目指すべき道を再確認できたことは、来年の本番を見据えたときに、単なる結果以上に価値のあるものだったかもしれない。「今日の試合は間違いなく日本代表のターニングポイントになると思う」。長谷部の言葉は、いつも以上に力強かった。


いいよいいよ、熱いのはいい事

ザックは 弱者の戦い方 はしたくないって事だね。
今の日本代表にはそれができると。

たしかにコンディションの悪いイタリア相手には、世界トップクラスの試合ができました。
でもブラジル相手には全く通用しませんでした。

これが結果。

負けた事により次戦のメキシコは消化試合。
イタリアよりは個人技で攻めてくるだろうし、長谷部も出場停止で、いつもベンチにいる選手を試すちょうどいいテストマッチになる。
ザック自身は嫌いではないし、意気込みもわかったから、これと東アジア選手権を利用して、もっと万能なチームに仕上げて、強い日本代表を見せてほしい。

20130621zak.jpg
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

ちょこまかフットボールのススメ

kagawainui.jpg

守備に不安があったり、なかなか前線にボールが運べないから、攻撃の選手もポジションを低くしなければならず、そのせいでボールを奪っても攻めが遅くなる。
選手の上がりを待つために本田のキープ力が生きるけど、前線の枚数が揃った頃には、相手の守備もガッチリ固められる。
あとは、こねくり回してボールロストするか、苦し紛れのへっぽこシュートを打つしかない。

悪循環。

ザックがオプション戦術としている3バックについて、下がり過ぎて5バックになるのは良くないと解説者なんかがよく言うけど、それと同じでどんなフォーメーションでも必要以上に守備を意識すると攻撃が遅くなってしまう。

それならば最初から守備を増やしたほうが攻撃も生きるのでは?
出来ない事を無理矢理やろうとしてるから、うまくいかないのでは?

南アフリカW杯で健闘した4-1-4-1か、ピラミッド型の4-3-2-1のほうが日本代表に合ってると思う。
今の日本のレベルでパス回しを多くするとどうしてもボディコンタクトが多くなる。
バルサくらいのレベルになると逆になるんだろうけど、フィジカルで劣る日本代表の場合、体を当てるよりも小回りを利かせてかわしたり、ファーストタッチでいなしたりするほうが得意な選手が多い。
現状ではポゼッションサッカーより確実にカウンターサッカーの方が向いてる。

ドイツブンデスリーガの強豪レバークーゼンなんかは4-3-2-1だけど、前線の3人だけでめちゃくちゃ攻撃力がある。
このクラスになると弱者の戦い方というのは語弊があるけど、世界のトップクラスと戦うためには、ポゼッションを高めるバルサスタイルよりも堅守速攻のほうが通用する。
チェルシーのようなドリームチームがそれをやると、アンチフットボールと叩かれるけど、弱者の日本がやっても叩かれるわけがない。

堅実な守備から前線にボールを配給し、前線はコンパクトなパスワークで相手をいなし、なるべくボディコンタクトを減らしてゴール前に侵入する。
ペナルティエリアにさえ侵入してしまえば、ファールが怖いから体を激しく当てられる事も少なくなる。
このような日本人の特徴を最大限に生かしたちょこまかサッカーにシフトしたほうが機能するのではないかと思う。

安全なパス回しからの可能性の低い攻撃よりも、少ない枚数でギャンブル要素の高い際どい攻撃をする。どちらも確実性は低いけど、今の日本代表なら後者の方が可能性がある。
ようは香川や乾が得意なセクシーフットボールだよね。
日本人の機敏さを生かし、フィジカルとシュート力の弱さをカバーする。
ゴールにドリブルやパスでいい。
これなら前線にセレッソ勢を並べたり、佐藤寿人あたりが代表入りしても面白い。

本田のキープ力が注目されがちだけど、日本人に合ったスタイルは体を張るよりも、ネズミのようにちょこまか動き回って捕まえられない事だと思うんだよね。
そのほうが、オプションとして本田のキープ力や遠藤の展開力ももっと生きてくるはず。

あと、今の代表選手は目標を高く持つばかりにプライドまで無駄に高くなってしまってる気がする。
コンフェデ杯はもう仕方ないとして、東アジアカップでもっと若手や他の選手を試して、チーム内の競争力を上げてほしい。

本田は何年フリーキック決めてないのかな?
それを本田に言える強さが競争力になる。
本田を王様にしておけば、本田自身も成長しない。
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

勘違いだらけのサッカー日本代表

20130616japan.jpg

悔しさ通り越した長友 「中学生とプロのレベル」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130616-01120359-gekisaka-socc

長友の言うとおり完敗だった。

日本人は外国人に体格では負けるけど、技術やスピード、そして運動量で勝るような事をよく言われる。でも、その全ての項目で負けていた。
フッキは例外としても、ブラジル人は体格的にはさほど変わらない。というか、メキシコ・スペイン・イタリアなんかもそれほど体格的に差は無い。
いつまで体格的に劣るのは仕方ないという風潮を続けるのか。
もっともっとフィジカルを重視しないといけない。

あと、何度も言うけどシュート力。
前田が放った2本のシュートは、もっと強く打てたら得点になる可能性が高かった。
本田や他の選手が放ったシュートもそう。
今回のジュリオ・セザールはキャッチより弾く場面が多かったから、もっと強く打てたらチャンスはあった。
1点目のネイマールは、囲まれながらもあんなに強いシュートを打ったよね。

ブラジルは攻撃面がクローズアップされる事が多いけど、守備が凄かった。
ボールを持った時にまともな態勢でプレイさせてくれない。
岡崎はコロコロ転がってばかりだし、他の選手も態勢を崩されてバックパスや横パスをするのが精一杯。
そしてそのパスをカットされてカウンターされる。
日本代表はいいところが無かった。

死ぬ時は前向きに倒れて死ね(坂本龍馬)

前に進まなければ、シュートを打たなければ、ゴールも勝利も生まれない。
パス回しが得意と言われる日本代表が、更に上のレベルでパス回しをしてくるチームと対戦するとこうなるのは必然。
もっとチャレンジが必要。同格ではない。チャレンジャーの気持ちが必要。

インタビューなんかでは高い目標、そして強い意志を示す選手も多いけど、実際はまだまだ同等には戦えていない。
プロパガンダなんかと同じで、メディアを通して良い評価ばかり聞こえてくるから、選手達にも慢心があり、観る側も「もしかしたら日本代表って結構凄いんじゃね?」と勘違いしちゃってるところがある気がする。
値段の割に仕事をするから、日本選手は注目されるようになっただけで、移籍金なんかを見ると一目瞭然だけど、世界からはまだまだ評価が低い。
強い気持ちは大事だけど、もっと現実をしっかりと見極めて、目標に向かって努力しないといけない。


中田英寿 2001 コンフェデレーションズカップにてブラジルを圧倒する


Confederation Cup 2005 Japan vs Brazil 2-2

昔の日本代表のほうが、まだ「何かしてくれる感」があった。
海外に出る選手が増え、インターネットや放送サービスが発展したおかげで、活躍が表面的に目立つようになっただけで、レベルが上がったとは言い難い。今より報道は地味だったけど、中田・俊輔・小野・高原など、昔海外でやってた選手のほうが実績も残してる。
そりゃマンUとかビッグクラブ所属はすごい事だよ。
でも、今挙げた選手たちがもしマンUにいたら活躍できなかったかと言われたらそうではない。昔より日本人選手に対する注目度が上がっただけで、単純に実力が上がったと捉える事はできない。

あと、Jリーグも軽視してはいけない。
ザックは海外組と過去の監督の遺産を利用してるだけだ。
ベンチを暖めてる選手やJ戦士にもっとハングリーな選手がいるかもしれない。

俺が監督ならCBに闘莉王を起用し、今野をボランチに上げて、中盤のボール奪取能力と運動量を上げる。遠藤は後半相手の足が止まってきてから交代メンバーとして使う。
左SBは長友に替えて駒野か高徳。
トップ下が本田の場合、相手の攻撃を遅らせることができてるデータがあるから、トップ下は本田で固定。香川は無理というか今のメンバーでは本田のほうが適してる。
左は香川でいいとして、トップの前田・ハーフナーと右の岡崎・清武がいまいち微妙。
あと、憲剛をどこかで使いたい。トップ香川、左乾、右憲剛とかいろいろ試すかな。

とにかくもっと改革が必要。
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

橋下徹氏の「当時は慰安婦が必要だった」発言について

20130607hashimoto.jpg

ちょっと前のニュースでいまさらだけど。

例えば、もしアメリカが「魔女狩りした遺族に謝罪しろよ」と世界から責められたら、「アメリカだけ魔女狩りの件で責められるのはフェアではない。」という不満を表すために

中世から近代にかけて、アメリカだけではなく欧米各国において、魔術による害を抑える必要があると考えられていたため、魔女狩りが行われていた。

という歴史的事実を述べるアメリカ人がいてもおかしくないよね。
これを聞いて「魔女狩りが必要」と曲解する人はいないだろう。


慰安婦 - wikipedia

慰安婦(いあんふ)とは、第二次世界大戦、ベトナム戦争及び韓米軍事合同訓練並びにアメリカ軍、連合国軍及び国連軍の駐留時などに、当時の戦地、訓練地、駐留アメリカ軍基地周辺の基地村などに設置された慰安所と呼ばれた施設で、日本軍、ドイツ軍、韓国軍、アメリカ軍、イギリス軍、フランス軍、及び国連軍の軍人・軍属に対して、売春業を行っていた女性の総称



たくさんの国や軍が慰安婦を利用してきたのに日本だけがいまだに中韓から責められている。「日本だけ慰安婦の件で責められるのはフェアではない。」という不満を表すために

戦時中は、日本だけではなく世界各国の軍隊において、戦地での民間人女性に対するレイプや性暴行を防ぐ必要があると考えられていたため、慰安婦を利用していた。

という歴史的事実を述べた。
どこに問題があるのだろう。

論点は、慰安婦制度の良し悪しではなく、慰安婦の件で日本だけ責められるのがフェアではないという事。今も慰安婦が必要だとは言っていない。強制だったかどうかはまた別の話で、それはそれできちんと調査しなければならないと言ってるし、当時の環境のせいで不本意ながら慰安婦をしなければならなかった女性達がいた事は認め、その方達には謝罪する必要があると言ってる。

それが 慰安婦は必要 だけが切り取られ、
世界に 姓奴隷が必要 と誤解されている。

国内では橋下叩きでも、海外ににおかしく伝われば、世界から日本が叩かれる。
結論としては、日本のマスゴミが悪い。

関連記事:ケント・ギルバート△
ブログ村

THEME:気になるニュース | GENRE:ニュース | TAGS:

人気記事TOP10

SEARCHINA

PICK UP
NEW ENTRY
E-MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

MANAGEMENT