PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

全ての記事を見る

TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
ARCHIVE
RSS FeedWind
Twitter
FC2拍手RANKING

マイバッグ運動の効果-消費者5,000円負担増、スーパー230,000,000,000円売上増

俺はしょっちゅうスーパーで買い物をするけど、
マイバッグ(エコバッグ)を持っていない。
なぜなら、マイバッグ運動の効果に疑問があるからだ。

「みんながやってるから私も・・・」

これは俺が一番嫌いな考え方。
本質を見極めず振り回されるのは勘弁である。

マイバッグ運動とは…
レジ袋から、繰り返し利用できる買い物袋の使用に切り替える。
目的は、
①ごみの削減
②二酸化炭素などの温室効果ガスの削減
③レジ袋の原料となる原油の節約(資源保護)

本当か?

①ごみの削減
俺はレジ袋自体をゴミとして捨てる事は無い。
ゴミ袋としてリユースし、市販ゴミ袋の使用量を減らしている。
結果としてゴミの量は変わらない。

②二酸化炭素などの温室効果ガスの削減
①を前提として、レジ袋のほうが市販ゴミ袋に比べ、大量に二酸化炭素を排出するなら、
レジ袋を少なくしたほうがいいけど、そのような情報は見た事がない。

③レジ袋の原料となる原油の節約(資源保護)
最近はゴミの分別が徹底され、よく燃えるペットボトルなどが普通ゴミから無くなった。
この影響でゴミを燃やす火力が不十分になり、ゴミのために貴重な資源である重油をぶっかけているそうだ。
もしレジ袋が無くなると、もっと重油を使う事になる。
更にエコバッグブームで大量のエコバッグが作られ資源を消費する。
しかもエコバッグといいながら環境に良い素材ばかりではない。
同じ石油製品の物ではレジ袋数十枚分の資源を使っているような物も多い。
それが売り物だけではなく、いろいろなカタチで配られている。
一人で数枚持っている人も多いはず。
この事から節約したはずのレジ袋より資源を消費している可能性もある。
そしてマイバッグ運動推進のポスターや宣伝などでも様々な資源が使われる。

マイバッグ運動により、スーパーなどの企業は経費が削減されてウハウハである。
しかも環境問題に取り組んでいるという姿勢も見せつけられる。
俺は、すぐにバレンタインなどと同じように企業に踊らされているだけでは?と勘ぐってしまう。
地デジも同じような匂いがするが、まぁこれは置いといて

お客様がご家庭でゴミをまとめるために再利用しているレジ袋の件ですが、当店の経費削減そして売り上げを増やすために、今後有料と致します。ご家庭でゴミをまとめる袋が必要な場合は、当店のレジ袋または市販のゴミ袋をお買い求めください。

これくらい正直な店があったら俺は絶賛するね。

もし百歩譲って効果があるとしよう。
しかし、その効果レベルは、自動車で買い物に行くのを1日我慢すると、
8年間レジ袋をもらわないのと同じくらいだとか。
この程度の効果じゃ、上述のように少しでも無駄があるとすぐ吹き飛ぶ。

マイバッグ運動により、個人レベルで環境に向き合う意識を高める事には意味がある。
この運動に反対ではない。マイバッグを使い、レジ袋もゴミ袋も減らせたら素晴らしい事だと思う。
しかし、本当に環境の事を考えるなら、もっと別の事に力を入れるべき。
ETC推進で更にCO2排出量を増やしてる場合じゃない。

「エコ」社会が日本をダメにする 真面目な人がバカをみる、あやしい「環境運動」

この記事を書くにあたり、いろいろ調べたら、非常に共感できる記事を見つけた。是非見てほしい。

下記記事を要約すると、
①レジ袋の材料は他の用途に使いにくい材料だったため、余り気味で安かった。
②技術が進歩し、他の用途にも使えるようになり、価格が上がってきた。
③スーパーなどにしてみたら、このまま無料で配ると経費がやばい事になる。
④レジ袋を有料にすれば、経費削減だけではなく、レジ袋またはゴミ袋の売り上げが増える。
⑤環境に配慮というイメージアップにもなり、スーパーにとっては一石三鳥。
⑥結果、消費者の負担が増える。スーパー側はメリットしかなく、消費者側はデメリットしかない。

「レジ袋追放の材料学的意味」
中部大学 教授 武田邦彦(所属:総合工学研究所)

(下記は一部抜粋)

 「レジ袋は石油の成分の中で、余り気味のものを使っていた」という私の記述に対して、高分子材料(プラスチックや合成繊維など)の歴史に精通していない人からのご質問やご意見があるので、ネットを通じて答えておきたい。
 また、技術者の中にもレジ袋の追放に潜むトリックに気がついていない人もいるようだ。でも、それは社会的に弱い人をさらに痛めつけ、石油の消費を増やし、特定の業者の利権を守るだけだ。
 さらに科学的事実に反する知識を社会に蔓延させることも良くない。高分子材料の歴史は複雑だが、よく学び、全体像とその結果を考慮してもらいたい。

 基礎的な知識だが、レジ袋や専用ゴミ袋などに使われるポリエチレンという高分子材料は一種類ではなく、製造方法とその性質によって何種類かある。
 特に高圧ポリエチレンは、製造が難しく時々、爆発を起こしながらの製造だった。その頃の製造マンは実に根性もあり、学力もあり、たいしたものだった。苦戦しながら日本の成長をたすけた。

・・・一方・・・

 高分子工業が発達して、日本に多くの石油化学コンビナートが誕生した頃、ちょうど、社会は高度成長期に入り、小売業ではスーパー・マーケットが登場した。
 スーパーの売り場には人が少ない。だから、困ったのは万引きだった。そこで、それまでのように「買い物袋」を持参してもらうと困るので、スーパーに備え付けのかごを使って買い物をしてもらい、レジのところで「ただ」でレジ袋を渡すという現在のスタイルが採用された。

 半透明で、ポリエチレンでできたレジ袋はそのようにして誕生した。

 その頃、高分子科学の分野では、なんとかしてオレフィン類(エチレンやポリプロピレンなどほとんど直接石油からできる高分子の原料で、有機化学などではオレフィンという)を有効に使いたいという機運があった。ポリエチレンはレジ袋・ポリ袋やビールのケースには使えるものの、パイプなどにすると溶接がうまくいかなかった。
 染色もできず、用途は限定されたが、なんと言ってもポリエチレンはエチレンセンターの中心的な存在であり、その性質の向上や用途開発は大切だった。著者もポリエチレンの表面を放射線で処理する研究をしたことを思い出す。苦難の時代だった。
 ポリエチレンの親戚であるポリプロピレンになると、さらに厳しかった。時々、新しい触媒が発見されて「夢の繊維」などとはやし立てられたことはあったが、それも短期間で消滅した。どうも使いにくい材料で、余り気味だった。

 だから、ポリオレフィン類は安価だった。安価というのは余り物でもあったし、またあまりエネルギーを使わずに製造できるということでもあった。
 だから、ポリエチレンでできているレジ袋はとても環境によいものだった。もちろん、現代の「専用ゴミ袋」もポリエチレン製だ。誰かが悪智慧を働かせて「レジ袋は石油から作られるが、専用ゴミ袋は石油を消費しない」などと言っているが、これはまったくの間違いである。

 このような歴史的背景から、ポリエチレンをレジ袋に使い、タダで消費者に提供するというのは、石油の用途としては大変、優れていた。しかも、レジ袋で買い物をすると、ゴミを出すときにも使えるので、リユースの優等生でもあった。

 しかし、その頃でもポリエチレンを製造している人の気持ちは複雑だった。なにしろ、あまり気味のもので、製品の値段も崩れていた。
 それでも、単に燃やしてしまうより、すこしでも社会に役に立てばと製造に励んでいたのだが、職場を離れてスーパーに行くと自分の作っているものがタダで配られているのだから、切ない。

「武田さん、やはり製造しているものとしては悲しいですよ」と私にこぼした製造課長を今でも思いだす。

 そうこうしている間に、技術は進歩し、ポリオレフィンの性能があがり、カミンスキー触媒のような優れた触媒、立体規則性重合が進み、自動車のバンパーなどのかなり高級な用途に使えるようになり、値段もあがってきた。
 技術は少しずつ改善される。かつて、捨てられていたり、あまり気味だったものをそのうち使えるようになる。それに技術者は心血を注ぐ。
 かくして、現在では、レジ袋は作る時のエネルギーは多くのプラスチック製品の中でも最小の方だが、商品として独立したものになった。

 つまり、かつて余り物だった安いものも、次第に技術の改善で使えるようになって価格が上がると、今度は、それを仕入れるスーパーの方は負担になってきた。
 私が指摘しているのは、このいきさつであり、高分子材料の歴史をよく知っていなければレジ袋のトリックには気がつかない。

 たとえば、レジ袋の原料になるポリエチレンをキログラム150円とし、加工運搬に50円かかるとして、全部で200円とする。レジ袋の量は日本で30万トンほどといわれるので、

200円/kg*30*10000(トン)*1000kg/t=2*3*E10=600E8 で、600億円になる。

 つまり、スーパーはレジ袋をタダでお客さんに提供すると、年間600億円の出費になる。
 この出費を避けるには、まず第一に「市民にレジ袋をゴミ袋として使わせない」ということだ。レジ袋と専用ゴミ袋では同じ容量で目付(重量)がほぼ2倍違うから、専用ゴミ袋を売れば、まず1200億円の売り上げ(原価そのもので売った場合)の増加になる。これはスーパーにとってはたまらない。

 でも、いままでゴミ袋としてリユースしていたレジ袋を専用ゴミ袋にすると、環境にとっては石油を30万トン分が余計に消費されることになってしまった。
 自治体は、同じポリエチレンでできているのに、「レジ袋でゴミを捨てるな」と余計な出費を市民に強いた。

 スーパー側は、準備が整うと、今度は「レジ袋追放」という運動を始める。もしこれが成功すれば、レジ袋の代わりに専用ゴミ袋をつかうことになり、さらに「エコバッグ」というものを買わせることができる。
 スーパーはレジ袋に変わる専用ゴミ袋とエコバッグの売り上げを公表しないので、私が推定するしかない。リサイクル以来、国民に協力を呼びかけて、情報を公開しないという例がふえたが、これもその一つだ。
 また、エコバッグはさらにわからないが、数100億円の市場と考えられる。仮に一人が1000円のエコバッグを一年に平均して1枚買うとすると、買い物をする人は約5000万人(世帯数の人、一世帯一枚買うとする)だから、1000円*5000万人=500億円の巨大市場だ。
 エコバッグにはいろいろな材料が使われるが、ポリエステルなどのようにより性能の高いプラスチックや合成繊維が使われる。値段はほぼポリエチレンの2倍であり、およそ2倍の資源を使う。

 だから、全体から見ると、

1) レジ袋でゴミを捨てていた頃と比較すると、専用ゴミ袋を使うようになって石油を2倍消費している。
2) ポリエチレンのレジ袋の代わりに、ポリエステルのエコバッグを使うということは、より貴重な石油成分を使うことになる。

ということだから、環境という意味ではなにをやっているのだかわからない。

 私が石油化学を知っている専門家にお願いしたいことは、石油というものはクラッキングと精製をすると複数の化合物になり、その中にはかなりのエネルギーを使うものと、比較的少ないエネルギーでできるものがあること、成分の調整はできるが、単純に一つを減らせばその分だけすぐ減るわけではないこと、レジ袋を「専用ゴミ袋とエコバッグ」に変えたときの石油消費の増減は、環境省が言っているようにレジ袋だけの量を計算しても無意味なことを指摘してもらいたい。

 でも、特定の人はレジ袋の追放に手を貸している。スーパーはもちろん、賛成だ。一般の人がレジ袋追放といい、マスメディアが追従し、自治体が音頭をとっているなら、スーパーとしてはレジ袋を仕入れるお金が節約でき、専用ゴミ袋とエコバッグを売れるのだから、反対する理由はない。

 石油産業も、2倍以上の生産高になるのだから、反対することはない。

 私はレジ袋の追放に力を貸している専門家の気持ちがわからない。レジ袋の代わりに専用ゴミ袋とエコバッグにすると、スーパーは、

600+1200+500=2300億円 の売り上げ増加になり、それは一世帯にとって5000円近い負担になるのだ。

 この社会には年金暮らしの方もおられるし、病気がちの人もいる。でも、買い物をしたり、ゴミを出したりしなければならない。どうして、「環境」という錦の御旗を使って、石油の消費量をあげ、消費者の負担を増やしたいのだろう?

 環境省はもう仕方がないが、材料の専門家はそれが何を意味するのか、十分に知っているのだから・・・



ブログ村

THEME:雑記 | GENRE:日記 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

人気記事TOP10

SEARCHINA

PICK UP
NEW ENTRY
MANAGEMENT