PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPE PROFILE
全ての記事を見る
管理画面

TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
ARCHIVE
RSS FEED
Twitter
FC2拍手RANKING

【Joyetech eGo Mega Twist+】レビュー - ツイストダイヤル切替MOD

PIC_20171114_145257_DSC_0001.jpg
スターターキットで購入したけど、CUBIS PRO アトマイザーは別にレビューする。

【スペック】
サイズ(実測):直径22mm、長さ99mm、重量100g
バッテリー:2300mAh(内臓)
充電:MicroUSB(USB充電ケーブル付属)
スイッチ:5回押しでON/OFF
モード:VW(5~30W)、BYPASS
対応抵抗値:0.2~3.5Ω
保護機能:過充電、過出力、過放電



PIC_20171114_145620_DSC_0001.jpg

バッテリーが大きい分、図体もでかい。
よほどの事が無い限り1日は余裕でもつ。
ペン型やチューブ型で出力調整できるタイプは少ないから、それだけでも貴重。
径が22mmだからアトマイザーの選択肢も多い。

PIC_20171114_145409_DSC_0001.jpg

ダイヤルを合わせる目盛がお洒落重視で目立たないようにしてるのか同系色のプリントで見にくい。
画像検索したら黒には見にくい黒印刷と見やすい白印刷があるっぽい。見えにくいってクレームが多くて改良したのかな。白のも俺のよりは見やすいのがあるから、もしかしたら後期型はライトグレー印刷なのかも。

使用した感想としては、ファイヤーボタンを押した後の反応が遅く、ミストがワンテンポ遅れて出てくる。
携帯するには大きく重い、自宅用なら置きやすいボックスタイプでいいので、サイズ感が中途半端。

一般的なボタンで操作するタイプのMODは、調整する時に何回もボタンを押すのが面倒。押しっぱなしで加速するタイプも行き過ぎて戻したり、それが嫌で手前で止めすぎて、結局ボタンを何回も押すはめになる。
でもツイストダイヤル式は簡単に変えられるから、初めてのアトマイザーやリキッドを試す時とか、ジュルジュルしたり思ったより味が出ない時にすぐにW数を変えられて便利。
強いと評判だけどまだ実力が未知数の選手がきた時にとりあえずこいつと対戦させて様子見とけみたいな、PRIDEの番人ゲーリー・グッドリッジ的存在。

最初の本格的MODがeGo Mega Twistで本当によかったと思ってる。
あと、22mm径のMini Twist出したら売れると思う。

レビューは、例えば爆煙志向の人がMTL向きの器具のレビューをしたら酷評になる可能性もあり逆もまた然りで、書いた人の好みや基準がわからないと的外れになりがちなので、 VAPEプロフィールと簡易評価一覧 も興味があったらどうぞ。

★この段階のベンチ入りメンバー
・紙巻煙草
・(AIO)IQOS
・(AIO)EMILI MINI+
・(AIO)FUNKY VAPE X8 smart
・(MOD)Joyetech eGo Mega Twist+
・(CLE)Joyetech Cubis Pro

▼ベンチ外
・なし

※AIO=オールインワン、MOD=バッテリー器具、CLE=クリアロマイザー


ブログ村

THEME:シガー | GENRE:趣味・実用 |

【Vaporesso Aurora】レビュー&ドリチ改良 - ジッポー型AIO

仕事用(合間の短時間でささっと一服)にEMILI、CuAIO、iCare2、TESLAステルスといろいろ試してきたが、EMILIはVAPE的に満足感が低く、CuAIOは小さくて味もまぁまぁだがポケットの中で縦・横・斜めになってあずましくない(津軽弁で落ち着かない)し、ボタンの誤押が怖い。
iCare2は全体のサイズ・形状・重量はいいが、味が薄く吸い口の溝にリキッドが溜まるから携帯するのは不安。
テスラはAIO(オールインワン)ではないので、好みのアトマイザー装着で味等は問題なく、形状的にもポケットの中で落ち着くが少し厚く重い。

どれも一長一短なので、iCare2のキャップになるものを探したり、CuAIOのボタン誤押を回避するためにボタン上下にVAPEバンドをつけてみたり、工夫しながらどれがベストなのか代わる代わる試していた。
そんな時、いつものようにVAPE関連サイトをサーフしていたら非常に興味深いキットを見かけた。

Vaporesso Aurora(オーロラ)

【スペック】
サイズ:H69×W41(金具込み42.5)×D14、重量116g
バッテリー:内臓(ショップサイトでは650mah、メーカーサイトでは800mAh)
充電:Micro USB(USB充電ケーブル付属)
スイッチ:自動吸引スイッチ
コイル:CCELL Coil SS316 1.4Ω(Aurora専用セラミックコイル)
タンク容量:1.2ml
保護機能:カットオフ、短絡保護

ZIPPO型ならキャップもあるし、サイズ・形状・重量的にもポケット携帯に最適。
こういう変化球商品はマイナーなメーカー製が多いが、これは人気メーカーのVaporesso製。
ぐぐって一通りメーカーサイトやショップ、レビュー等に目を通し、すぐにポチった。
そして届く。

Vaporesso Aurora パッケージ

Vaporesso Aurora 初期ドリチ

他の人のレビューにあったようにドリップチップ(略称ドリチ)の形状が、やはり気に入らない。
咥え心地は悪くないが、回転させなければならないので面倒。
しかも回転させやすいようにするためかドリチのはまり具合が緩め。
この操作が無ければキャップ開けから吸うまでの一連の動作を片手で出来て格好いいのに。
ちなみに回転させなくても吸えない事はないが、童貞のドキドキ初キッスみたいな状態になるから人前ではやめたほうがいい。

PIC_20171109_020606_DSC_0001.jpg

他のマイナス点としては、リキッドチャージ(略称リキチャ)がボトムフィルで面倒な上にタンクが狭くて気を使う事。
バッテリーはこの程度でも用途によっては満足できるが、タンク容量が少ないと必然的に面倒なリキチャ回数が増えるから、もう少し容量が欲しかった。

PIC_20171109_015957_DSC_0001.jpg

あと、リキチャする為にアトマイザーを頻繁に引き抜く必要があるのに、固定している磁石が強い上につまむ部分が小さくて非常に引き抜きにくい。

吸い心地としては、ドローはiCare2やほとんどのアトマイザーの全閉より重め。
コイルは以前から使ってみたかったセラミックコイル。
さすがに普段常飲してる家用のセットよりは味もミストも出ないが、携帯用AIOとしては今まで所持していた物より良い。
メーカーサイトで謳ってるとおり、スピットバック・ドライヒット・液漏れもない。
ポケット携帯具合も文句なし。

このように小さな不満はあるが良い点も多い。
許容できないのはドリチだけ。
これさえ解決できれば…

ドリップチップ

ドリチは専用規格だが、とりあえず手持ちの510規格ドリチを全部試してみる。
少し緩いが逆さまにはめたら使えそうなのがあった。
吸い心地もそれほど悪くない。
ちょっと不格好だが、これでいいかと思ったら…

Vaporesso Aurora 別のドリチ

蓋が閉まらない問題発生。

なるほど、それであのカーブしたドリチなのか。
蓋に収まるサイズもしくは純正ドリチの高さまでは大丈夫かと思ったが、蓋が蝶番を支点に弧を描いて降りてくるため、真っすぐドリチにするためにはもっと短くなければダメな事が判明。
これを削るのは簡単だが、少し緩いし更にブサイクになるから自作する事を決意する。

100円ショップ

こんな時は百均が便利。
パイプ状の物をカットするのが一番手っ取り早いと思い、内径が近そうな物や加工しやすそうな物を探す。
あとダメだった時のために複製して成型できるおゆまるとUVレジン。
何度も来るのは面倒だし、もし使えなくても100円なら捨ててもいいやと太っ腹になってしまう悪い癖が炸裂する。

ダイソーのサインペン

もっと探せばいいのはありそうだが、買った中で一番良かったのがこのサインペンのキャップ。
そのままではきついので内側を少しやすりで削ったら純正よりきつきつのジャストサイズになった。
高さも蓋が閉まるギリギリに調整してカット。
あとはヤスリで仕上げて完成。

Vaporesso Aurora 改造

Vaporesso Aurora ドリチ改造

Vaporesso Aurora アトマイザー

カチャ

そして、これによってアトマイザー引き抜きにくい問題も解決。
外しやすいようにもう少し緩くもできたのに、あえてきつめにしたのは、ドリチをつまんで引き上げられるようにするため。
ドリチを外す回数はリキチャ回数よりも少ないし、きつめだがアトマイザーごと引き抜いてからは普通に外せるから何も問題なし。
すごく扱いやすくなった。
咥え心地や口当たりも悪くないし、吸い心地も純正より良し。
プラスチックやインク等のケミカル臭も懸念していたがそれも感じない。

この改造によってVaporesso Auroraは仕事用の一番手になった。
テスラステルスとCuAIOはまだ使い道があるが、用途が丸かぶりのEMILIとiCare2はもう出番ないかなと思う。

追記:
不人気のため持ってる人は少なそうだが、Nautilus X のドリチも付く。
でも短いし、純正と同じくらいの緩さでアトマごと引っこ抜きできないから自作のほうが良い。

PIC_20171108_215345_DSC_0001.jpg
ブログ村

THEME:シガー | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

人気記事TOP10

VAPE

PICK UP
NEW ENTRY